コロンボに着きました。

先に到着している友人とガル(ゴール)でジョインする予定ですので、ここから一人でガルまで行かなければなりません。
こんなときに頼りになるのがGoogle mapです。一人旅を格段にしやすくしてくれたのも、map先生のおかげです

さて、map先生にお伺いするにはsimが必要です。
私は日本では格安sim愛用者ですので、旅先では現地のsimに入れ替えるのですが、空港で買える場所を探したり、到着時間によっては買えなかったりするのが嫌なので、大抵Amazonで購入して、到着寸前にsimをセットするという方法で乗り切っています。しかし、スリランカに至っては、なんだか現地ですごいsimが安いし、なんなら空港で無料でもらえるとかの情報がでてきたので、用意して行かなかったのです。

しかし、空港に着きましたが、simはタダでもらえる様子はありませんでした。

あ、全然関係ないですけど、空港職員のユニフォームが激オシャ。
ライトブルーのシャツにネイビーで「TARGET」とバックにプリントされています。どこか裏原っぽさを感じるのは私だけでしょうか。個人的にかなりツボです。

そして空港内でsimをゲットしました。
早速ガルへ行く方法をmap先生に聞くぜい!!

まずはコロンボに出て……って、

えーーーーーーーー!?!?!?!?!?

ちょっと待った、なんですか、この丸文字みたいなの。
年齢がバレますが、私、丸文字世代ですから。

やっぴー・のりぴー的な何かを感じるんですけど!!
ちょっとmap先生、ディープラーニングされていると聞いていますが、いくら私が丸文字世代だからって、そこまでAIの底力、ここではまだ見せつけなくて大丈夫ですよ!

と思っていたら、あれ?

あー、もしかしてだけど、これがデフォ???!
そういえば空港で撮った写真も、バスから街中を見ても、この丸文字ばかりなのです。

で、コロンボから長距離バスが出ているマハラガマまでトゥクトゥクで移動したところ、新聞らしきものを投げ込まれまして、見たらこれ。


なにこれ、可愛い!!!

スリランカのイメージ、すでにちょっと可愛い寄りになってます…!!!

で、気になる文字を撮りまくってきました。



うん、可愛い。

世界にはいろいろな言語や文字がありますが、スリランカのシンハラ文字は、「文字可愛いランキング世界大会」があったとしたら、確実に上位に食い込むのではないでしょうか。この文字で「ごめん」とか言われたらすぐ許しちゃいそうですもん!
なんつーか、一言で言うと萌える。

そして、この文字が猛烈に可愛いってことをもしかしたらスリランカの方々は察知しているのかもしれません。
その証拠がこれ。

バッグ見つけちゃいました。すんごく小さいタイプの。買っちゃいました。

なんて書いてあるかはわからないですけど、浅草あたりに売っている「東京」とか「一番」とかのTシャツと同じノリですかね?
「あいうえお」とか「ABC」的な?

あえて小さいバッグにこの文字をレイアウトするあたり、可愛いってわかってますよね、絶対。