洗練されたテキスタイルで、主に女性たちの気持ちをグッとつかんで離さないマリメッコ。
せっかくフィンランドに来たのなら、行ってみましょう!「マリメッコ アウトレット」!

場所は中央駅から地下鉄に乗って約10分、6つめのHerttoniemi(ヘルットニエミ)駅近く、ヘルシンキ郊外にあります。

駅からの道はひたすらのどか。

本当にこの道で合ってるよね!?と確認したくなるほどですが、map先生にしたがってひたすら歩きます。そして15分ほど歩いた結果…

ありました!!!!!

こちらはアウトレットでよく知られていますが、実はマリメッコ本社。本社に隣接するかたちでアウトレットがあるんですね。ここからあの可愛らしいパターンが生まれていると思うと、なんだか灌漑深い気持ちになります。早速中へ入ってみます。

アウトレット店内はこんな感じ。

ファブリックや食器がきれいにレイアウトされ、なんともカラフル!!


たまらんですね。


人気のウニッコ(左)やプケッティ(右)といったシリーズも所狭しと並んでおります。

かわいいがま口タイプのポーチ。
ボックスにこれでもか!と入れられており、ここを掘る楽しみったらないです。

いやあ、いいなあ。楽しいなあ。
これ好きな人はたまらんだろうなあ…なんて思いながら一巡したのですが、気づいたことがありました。

①思っていたより割引率が低い
②日本人と韓国人、てか主に日本人しかいない

ここは北欧で、しかもわりと郊外で、そこまで気軽にこれる場所ではないのにも関わらず、です。
店内に飛び交う言語は日本語60%、韓国語30%、英語10%(会計時の接客)です

さらに、アウトレットとはいえ、べらぼうに安くないのです。
来る前にちょっとハードル上げすぎた感もあって、日本語とともに急激にモチベーションが下がってしまいました。

いや、いいんです。いいんですけど、
おばさまA「ねー見てみてこれ!このシリーズ娘から頼まれてて」
おばさまB「やーん、可愛い♡ それどこで見つけたの?ほしい〜!」
という感じのやりとりが店内の至る所で繰り広げられてまして、

なんつーか……げっそり。

日本人から愛されすぎているマリメッコ。ここまで来るともしかしたらフィンランドの方よりも愛しているかもしれません。プロダクトを愛することは素晴らしいことなんですけど、正直、それにしても感がありました。

戦意喪失した私は結局、何も買わずにその場を立ち去りました。

でもさ、これだけマリメッコの可愛らしさ見せつけられちゃってさ、この気持ちどうしたらいいの状態の時、入ったデパートで見つけました。

マリメッコのペーパーナプキン


アウトレットでのお買い物も良いのですが、オススメはスーパーやデパートなどで買えるペーパーナプキンです。こんなに種類揃ってます!
もちろん日本でも手に入るのですが、日本で買う約半額ほどで手に入るうえに、もしかしたら日本未発売のものもあるかも?そして軽い。さらには圧縮袋に入れて帰れば場所もとらないという、お土産に最適なアイテムなのです!

いいもの見つけた♡

ちなみにムーミンのペーパーナプキンもありましたので、こちらもゲット。
それぞれ20枚入りで3ユーロほどです。

いつかこれらを使ったホームパーティを開きたいと胸に秘めたのでした。

【OUTLET DETA】
Marimekko Herttoniemi Outlet(マリメッコ・ヘルットニエミ・アウトレット)
住所:Kirvesmiehenkatu 7, 00880 Helsinki, フィンランド
電話番号:+358 9 7587244
営業時間:10:00〜18:00(月〜金)、10:00〜16:00(土)
定休日:日
URL:http://marimekko.com/